施設情報

MOA健康生活館南河内 輝

「健康生活館 輝」は、一般社団法人MOAインターナショナルが運営しています。

詳しくはこちら

MOA健康生活館京都

    1月2月 予定表 クリックで拡大! ◆ハッピーマルシェ 10月 13日(土)10時…

詳しくはこちら

MOA健康生活館加古川

🏈MOA健康生活館かこがわ🏈 「MOA健康生活館かこがわ」は、一般社団法人MO…

詳しくはこちら

スタッフブログ

スタッフブログ

カラスの会話-2-

こんにちは。TOMです。
や、や、やられました!
画像のように、ニューサマーオレンジが・・・つつかれています。
 
ということで、会話をお楽しみください。
カラスA 「おい、カメ。 糸がたるんでねえか?」
カラスB 「親方! たるんでいやすよ、絶好のチャンスですぜ」
カラスA 「カメ、じゃあ、先ず、お前から、先に、いただきな!」
カラスB 「あ、あっしからですか? 親方! ありがとうござんす」
カラスA 「いやー、カメには、常日頃、俺についてきてくれてるから、ちょっとしたお礼よ。俺の気持ち、受け取ってくれや」
(心の中では、『カメが引っかかったら、トンズラすればいいのさ』)
カラスB 「親方! あっしみたいなカラスに、心をかけてくれるなんぞ、な、な、泣けてくらあ」
カラスA 「おい、カメ、涙をふいて、気を付けていってきな!」
カラスB 「わかりました! 親方!」
ということで、見事に、ほじられてしまいました。
実は、画像はないのですが、被害にあったのは2つ。
 
もう一つは、地面に転がっていたのですが・・・・
カラスB 「親方! うまかったです。 糸にもひっかかりやせんでした! で、親方のために、一つ、落してきやした!」
カラスA 「カメ、こんな俺のために、危険を顧みず取ってきてくれるなんて・・・・俺は、カメに会えてよかったぜ」
カラスB 「親方! そ、そんなことはありやせん。当たり前のことです。さあ、召し上がってくんなさい」
カラスA 「ありがとよ、カメ」
(心の中では、『カメってのは、こういう人情劇に弱いからな。よしよし、うまくいきやがった』)
 
という、会話があったかどうかは、わかりませんが、見事にやられました。
そういう落ちもないお話です。

2014.04.24

ページトップへ