施設情報

広島療院

    広島療院は、一般社団法人MOAインターナショナルと医療法人財団愛和会が、 統合医療…

詳しくはこちら

札幌療院(MOAアートホール北海道)

     +1(プラスワン)花プロジェクトは「お知らせ」から ☆クリックするとジャンプしま…

詳しくはこちら

MOAかんさい健康センター

みんなで創る こころと体の健康ひろば

詳しくはこちら

スタッフブログ

スタッフブログ

秋です。

みなさん、暑いという言葉が口癖のようになっていますが、実りの秋です。

実は、私の家には、エアコンがありません。
標高260m程のところにあるので、これまでは、夏場でも寝苦しいということは全くありませんでした。
だから、子どもたちも、どんなに日中が暑い日でも、いつも自分の部屋で寝ていました。

ところがです、今年は、「もうがまんならない」という日が1日ありました。
8月15日か16日だったでしょうか、子どもたちは、下の階にある、リビングでざこ寝となりました。

気象庁の観測記録ではなく、体感として、今年の夏は、この10年来、最も暑かったと断言できます。

一体この暑い夏はいつまで続くのかと、夏ばてでヘロヘロになりながら、周りの様子をみてみると、着実に秋は来ていることを感じます。


そんなことで、今日は、少し秋の到来を感じていただくためにも、先月と先々月にこのブログでご紹介した「栗」と「ヤモリ」のご報告をしたいと思います。

最初のページに出している写真は、2カ月前にこのブログで紹介した、まさにあの花がさいていたところの栗です。

今にも、いが栗がはじけそうになっています。まだ色づいていない栗の頭がちょっぴり見えています。特に、今年は豊作のようです。

もちろん、栗ごはんにします。

それから、先月に紹介した、ヤモリですが、ようやく我が家に帰ってきました。
というよりも、多分、暑すぎて動けず、どこかに潜んでいたのでしょう。
夜の風が、少し涼しくなってきたかな、と妻と話していた8月の終りに、久しぶりに姿を見せました。
これも、夏の終りと何か関係があると勝手に思っています。

夏は夏で、色々と楽しいことがあったと思いますが、着実に、秋は近づいています。
私にとっては待望の、涼しい、食べ物が美味しい、秋の始まりのご紹介でした。

2010.09.01

ページトップへ