施設情報

広島療院

    広島療院は、一般社団法人MOAインターナショナルと医療法人財団愛和会が、 統合医療…

詳しくはこちら

MOAかんさい健康センター

みんなで創る こころと体の健康ひろば

詳しくはこちら

MOA健康生活館加古川

🏈MOA健康生活館かこがわ🏈 「MOA健康生活館かこがわ」は、一般社団法人MO…

詳しくはこちら

スタッフブログ

スタッフブログ

40手前で英検を

受けることになってしまいました。

仕事で翻訳をしている私としては、何とか技術力アップということも課題なんですが、やっぱり学生のときとは違い、なかなか「試験勉強」などするのも、一苦労です。

さて、試験の当日。試験会場では、隣になんと少年が座っているのです。ちなみに英検1級ですよ。     (・_;)

どうやら海外で長年住んでいたヨウデス。それというのもテストの前にアンケートがあるんですが、マークシートなので、横目でちら見してなんとなくわかってしまいました…

一次試験はペーパーなので、着々と回答していって、後半はリスニング。

あれってやっぱり、アメリカ発音とかイギリス発音とか、おそらく南アフリカ訛りなんかも混ざっているんでしょうね。すごく聞きづらかった。

そして最後の問題の回答を書き終えて、また横をちら見。あ、最後の方の回答が僕と違う…

ここでマッシブなプレッシャー。隣はお子様なのに、やっぱり長年海外で育ったんだったら、リスニングには強いんだろうなー。僕の答えと違うってことは、ちょっと自信がぐらつくなー。でも、ここで自分の回答を変えたら、それってカンニング?そりゃまずいでしょう。うーーーーん。

葛藤の末、やっぱりそのままにしました。試験結果がかえってくるまで、なんとなくずっと気になってました。でも、俺の方が正解だったぜ!はは!お子様に勝ったぞ(ー_ー)!!

大人げなくてスミマセン…

2010.11.08

ページトップへ