施設情報

札幌療院(MOAアートホール北海道)

  この度の台風、北海道胆振東部地震におきまして被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。 季節は…

詳しくはこちら

MOA健康生活館豊岡

MOA健康生活館豊岡はJR豊岡駅から徒歩5分の場所にあります。 当館には自然食品の店舗があり、健康法(浄化療法…

詳しくはこちら

MOAかんさい健康センター

みんなで創る こころと体の健康ひろば

詳しくはこちら

スタッフブログ

スタッフブログ

カラスの会話

こんにちは。TOMです。

暖かくなってきましたね。先日、ジャガイモの植えつけをしました。

画像をよーーーく、見てもらうと、畝の真ん中に黄色の糸をはっております。

ここから、物語が始まります。

カラスA 「おい、カメ。ジャガイモのにおいがしねえか。」

カラスB 「親方、においぷんぷんですよ。あっしは、親方より鼻がききますんで、間違いなく、人間が植えつけていますね。なあに、ちょっと掘りゃ、お宝がでますぜ」

カラスA 「しかし、カメ。人間も考えてるなあ。見てみろ!」

カラスB 「ア! あいつら、黄色の糸を、張ってやがる! 俺らが一番、嫌いなやつだ、親方、2年前までなかったはずですぜ」

カラスA 「思い出した! 隣りの縄張りのやつらが、へまこいて、ここの人間に、ジャガイモ掘るの見つかったって、言ってたなあ」

カラスB 「とんでもねえ、へまをしてくれたもんだ! おまんまにありつけねえじゃねえか」

カラスA 「カメ、諦めるのはまだはええが、様子見ようじゃねえか!」

カラスB 「がってんだ! 親方!」

ということで、我が家の場合、カラスよけをしないと、掘られてしまうんです。

カラスも、虎視眈々と、様子を伺っているので、こっちも気が抜けません。

自然の中での野菜作りは、厳しい一面もありますが、ある意味、大自然とのふれあいでもあり、楽しいです。

2014.03.24

ページトップへ