施設情報

東北療院

d   東北療院は、人間が本来持っている自然治癒力を最大限に生かし、体の健康だけでなく心、そしてスピ…

詳しくはこちら

奥熱海療院

奥熱海療院は、医療法人財団玉川会と一般社団法人MOAインターナショナルが提携して運営する施設です。 伊豆半島ジ…

詳しくはこちら

MOA健康生活館かこがわ

🏈MOA健康生活館かこがわ🏈 「MOA健康生活館かこがわ」は、一般社団法人MO…

詳しくはこちら

スタッフブログ

スタッフブログ

カラスの会話

こんにちは。TOMです。

暖かくなってきましたね。先日、ジャガイモの植えつけをしました。

画像をよーーーく、見てもらうと、畝の真ん中に黄色の糸をはっております。

ここから、物語が始まります。

カラスA 「おい、カメ。ジャガイモのにおいがしねえか。」

カラスB 「親方、においぷんぷんですよ。あっしは、親方より鼻がききますんで、間違いなく、人間が植えつけていますね。なあに、ちょっと掘りゃ、お宝がでますぜ」

カラスA 「しかし、カメ。人間も考えてるなあ。見てみろ!」

カラスB 「ア! あいつら、黄色の糸を、張ってやがる! 俺らが一番、嫌いなやつだ、親方、2年前までなかったはずですぜ」

カラスA 「思い出した! 隣りの縄張りのやつらが、へまこいて、ここの人間に、ジャガイモ掘るの見つかったって、言ってたなあ」

カラスB 「とんでもねえ、へまをしてくれたもんだ! おまんまにありつけねえじゃねえか」

カラスA 「カメ、諦めるのはまだはええが、様子見ようじゃねえか!」

カラスB 「がってんだ! 親方!」

ということで、我が家の場合、カラスよけをしないと、掘られてしまうんです。

カラスも、虎視眈々と、様子を伺っているので、こっちも気が抜けません。

自然の中での野菜作りは、厳しい一面もありますが、ある意味、大自然とのふれあいでもあり、楽しいです。

2014.03.24

ページトップへ