施設情報

広島療院

    広島療院は、一般社団法人MOAインターナショナルと医療法人財団愛和会が、 統合医療…

詳しくはこちら

MOAかんさい健康センター

みんなで創る こころと体の健康ひろば

詳しくはこちら

MOA健康生活館加古川

🏈MOA健康生活館かこがわ🏈 「MOA健康生活館かこがわ」は、一般社団法人MO…

詳しくはこちら

スタッフブログ

スタッフブログ

ペラリ

いつもありがとうございます。

ちゃっぴ~です。

みなさん、幽霊っていると思いますか?

実は

今回は私が体験したある心霊体験について、触れていきたいと思います。

私が小学校のときの話です。

兄はちょうと受験勉強の時期だった為、深夜まで勉強していることがあったんですね。

だから、夜に目が覚めて人の気配とかしても、兄のものだと思ってそのまま寝ることが多くありました。

ある日、いつものように深夜に目が覚めました。

すると、

ペラリ

ペラリ

何だか音が聞こえてくるんです。

寝ぼけながら、何だろうと思って、耳をすますと

また、

ペラリ

ペラリ

本をめくるような音が聞こえるんです。

私は本をめくってる音だと分かって安心しました。

兄が勉強するために、参考書でもめくっているんだろうと思ったからです。

そのときはそのまましばらくして寝ついてしまいました。

そして・・・

幾日か経って、また深夜に目が覚めました。

すると、また聞こえるんです。

本をめくる音が。。。

幾日か経って、また聞こえるんです。

ペラリ

ペラリ

私は、あまりにも定期的に聞こえてくる音に疑問が浮かびました。

「兄は本当に勉強しているんだろうか」と。

そして、音が聞こえた次の日に兄に聞いてみました。

私「昨日の夜は夜遅くまで勉強してた?」

兄「いや、してないよ。」

私「・・・・・・。」

あれから何年もの月日が流れてます。

しかし、あの時に聞いた、本をめくるような音の正体は未だに分かっていません。

正体を確かめようにも、兄に確認してからあの音は聞こえなくなったからなのです・・・

兄が勉強していなければ、誰が本をめくっていたのでしょうか。

私の心霊体験でした☆

その他、タイトル的に表現すると

「姿なきうなり声」

「昼間なのにかなしばり」

「鏡に写る、私の右肩に乗っていた手」

「ボンジョビがいきなり流れる」

「お前正気か、お地蔵さんはそこにはいない」

「お風呂場で世にも奇妙な物語」

ってのもあります。

人生、いろいろですね。

2011.02.25

ページトップへ