施設情報

広島療院

    広島療院は、一般社団法人MOAインターナショナルと医療法人財団愛和会が、 統合医療…

詳しくはこちら

札幌療院(MOAアートホール北海道)

  季節は芸術の秋・・・運動の秋・・・ 先日の芸術の秋を楽しむ集いには、「全道児童作品展」の受賞者や…

詳しくはこちら

MOA健康生活館南河内 輝

「健康生活館 輝」は、一般社団法人MOAインターナショナルが運営しています。

詳しくはこちら

スタッフブログ

スタッフブログ

赤ちゃんのこと

実は、私の妻がおめでたなんです。

もう6カ月になるのですが、お腹の中の子どもは、ものすごく動きまくっています。

結構年齢も行っているので、無事、健康で生まれることを祈るのみです。

娘と年齢も相当離れることになりますが、お母さんのサブとしての活躍を期待しているところです。お父さんも、若くないので、精神的には余裕があっても、体力的に不安を感じる今日このごろですが、奮起するしかありません。

ところで、先日、テレビで胎内記憶のことをやっていました。

何も覚えていない子どももいますが、色々と胎内の時の様子を、「ふわふわして気持ちよかった」「くるくる回って遊んでいた」「暑かったけど、きもちよかった」など、感じたままを語っている様子が放映されていました。

妊娠中期になると、脳もかなり発達し、耳や目といった器官も機能するようになるのだとか...

ウィキペディアに、6週間目の胎児の写真がでていました。

結構ちゃんとした子どもの形になっていて、驚きました。

さて、そういうこともあって、「三つ子の魂百まで」という言い伝えは、胎内からの時間も入るのではないかと、勝手に解釈し、「胎児は聞いている」ということを意識して生活しています。

まあ、大層なことではなくて、できるだけ、快い言葉づかいに気をつけているだけですけどね。もちろん、健康法もね。

2009.11.01

ページトップへ