施設情報

広島療院

    広島療院は、一般社団法人MOAインターナショナルと医療法人財団愛和会が、 統合医療…

詳しくはこちら

札幌療院(MOAアートホール北海道)

  季節は芸術の秋・・・運動の秋・・・ 先日の芸術の秋を楽しむ集いには、「全道児童作品展」の受賞者や…

詳しくはこちら

MOA健康生活館南河内 輝

「健康生活館 輝」は、一般社団法人MOAインターナショナルが運営しています。

詳しくはこちら

スタッフブログ

スタッフブログ

お久しぶりの畑仕事

3月、4月と天候不順で雨が多かったり、急激な冷え込みがあったりと、しばらく我が家庭菜園に行けずにいました。やっとお天気と自分の休みの折り合いがつき、1カ月半ぶりに畑に行ったところ・・・。

草がボーボーに生い茂り、ガーデニングシーズンが始まったばかりだというのに、すでに手遅れかと思うくらい、格好のつかない2010年のシーズンスタートとなりました。

しかし放っておかれても、自然はスネることもなく、季節の変化に合わせて、着々と変化を遂げていました。昨年の秋に播いたスナップエンドウが雑草に覆われながらも、ちょうど食べごろの実をつけていました。こんなに放置され、悪条件下にいても、ちゃんと実を付けてくれたスナップエンドウには、感謝・感激!常に豊かさを与えてくれる自然の懐の大きさと力強さを改めて感じます。




次に発見したのは同じく昨年の秋口に播いたニンジン。特定の作物と人間の相性が合う、合わないという科学的根拠はありませんが、私はいつもニンジンと相性が悪く、ちゃんとした形あるニンジンに育て上げたことがありません。雑草の茂みの中に、割と大きなニンジンの葉っぱを発見し、ドキドキしながら抜いてみると・・・。なんと、ちゃんとした形あるニンジンになっているではないですか!私が手を掛けなかったのが奏効したのかもしれません。

このほかにも、この日は雑草の茂みの中で昨年作った野菜のこぼれダネから育った野菜や冬を越した植物発見しては、いのちの持つ力に感激・・・の連続でした。去年作った野菜の記憶があやふやで、「こんな葉っぱ、作ったかな?」と思い出せない時には、その場でモグモグと食べてみて判別。パクチー(香草)やオレガノ、タイム、ミツバ、クリムソンクローバー、チャイブ、ノビル、春菊など食べてみました。野菜によってはモノがなんだか分らないまま口にするという、100%自分自身の感覚に頼った野性味たっぷりのアクションに、自分自身の生命力もアップした気がします。

2010.05.05

ページトップへ