施設情報

関西療院(MOAかんさい健康センター)

みんなで創る こころと体の健康ひろば

詳しくはこちら

MOA健康生活館かこがわ

「MOA健康生活館かこがわ」 「MOA健康生活館かこがわ」は、一般社団法人MOAインターナショナルが運営しています。心からの癒しを求めて、日々の暮らしの中で発生した心身の疲れをリセットして、明日へと繋げる活力がみなぎる空…

詳しくはこちら

奥熱海療院

奥熱海療院は、医療法人財団玉川会と一般社団法人MOAインターナショナルが提携して運営する施設です。 伊豆半島ジオパークに囲まれた自然豊かな「健康と癒しの里”大仁瑞泉郷”」の中にあり、人間が本来持っ…

詳しくはこちら

スタッフブログ

スタッフブログ

ジェネレーションギャップ

こんにちは。TOMです。

こうみえても、小・中学生時代は、ガンダムやマクロスのプラモデルにはまっていました。

さて。伏線はこの辺にして。本題。

今日、とある後輩のパソコンをのぞくと、マクロスのバルキリーの画像になっていました。

こうみえても、マクロスにはまっていた私は、彼に曰く、

「それ、ロイフォッカースペシャルか?」

彼答えて曰く 「・・・・・・へ?」

追い打ちをかけるように 「だから、ロイフォッカースペシャルでしょう? しかも、背景が宇宙だから、一条輝機だろう?」

彼答えて曰く 「これ、マクロスのバルキリーですよ」

そんなの、わかっとるわい!! と心の中で叫ぶ・・・・

そして、なにかを覚った彼曰く 「マクロスF なんですけど・・・・」

あああ、そうですかい。 同じマクロスでも、そんなFなんて、知らないよーーーだ。

と思いつつも、顔は平然として、

「そうかあ、年代が違うんだね。俺の小さい頃は、マクロスだったもんなあ」

と、小声で答えつつ、そそくさと、彼のもとを離れました。

まあ、多少は、ジェネレーションギャップを埋めるのに、役に立ってくれたことを、マクロスに感謝!

2013.05.30

ページトップへ