施設情報

札幌療院(MOAアートホール北海道)

  この度の台風、北海道胆振東部地震におきまして被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。 季節は…

詳しくはこちら

MOA健康生活館豊岡

MOA健康生活館豊岡はJR豊岡駅から徒歩5分の場所にあります。 当館には自然食品の店舗があり、健康法(浄化療法…

詳しくはこちら

MOAかんさい健康センター

みんなで創る こころと体の健康ひろば

詳しくはこちら

スタッフブログ

スタッフブログ

本物の味(または衝動買いコレクション)

どこかで見かけたことはありませんか?私はあります。でも本物を見たことはありませんでした。でもハンズで見つけてしまったのです。秋が足音もなく近づいていた先日のことです。マシーン

というわけで、パスタマシーンが我が家にやってきました。普段気にすることもなかった「スパゲティの原料」、そして作り方。インターネットでちゃかちゃかっと調べていざ「生パスタ」づくりに挑戦です。そして…
意外と簡単なんですね。簡単にご説明します。


 

原料は、デュラムセモリナ粉と卵、ひとつまみの塩と打粉にする強力粉のみ。何も足さない、何も引かない。

 

 

まず、セモリナ粉と卵とひとつまみの塩をボールにいれて指でこねながらひとかたまりにします。

 

 

次に板に載せて体重をかけながら10分ほどこねます。

 

 

 

そしてラップにくるんで冷蔵庫でねかせます。時間は30分~一晩。適当ですね。待ち焦がれるかどうかは人それぞれですが、冷蔵庫からこの固まりがでてきたところで、あの「マシーン」の登場です。

まず、取り出したネタを手で厚さ1cmぐらいまで伸ばし、適当な幅に切り分けます。

充分ねかせた生地は、柔らかくて弾力があり、ほんのり小麦の匂いがするくらいで、手触りがとてもよい。でも小麦粉を振りかけていないとべとべと手にくっつきます。手にも粉を付けておいた方がいいでしょう。

 

 

ひとかたまりをもう少し薄っぺらく伸ばしたら、「マシーン」に通します。ハンドルをぐるぐる回すだけで、生地がどんどんすいこまれていって、下から出てきたときには薄っぺらいシートになっている…これが意外と感動です。この瞬間に初めてパスタを作っている実感がわきます。

この作業3~4回繰り返しながら、だんだんと生地をうすく伸ばしていきます。多分慣れてないせいか、1mmくらいまで伸ばしたら、長さが50cm程になってしまいました。

そして感動的な最終段階。伸ばした生地をカッターで切ります。ハンドルをカッター側に付け替えて、伸ばした生地をぐるぐる、

下からスパゲティが!でてきましたあたりまえのことなんでしょうが、これがやっぱり感動で、う、う、う。

ゆでるのはたったの1分。歯触りは普通のぱすたよりもわやらかめ、アルデンテにはなりませんが、ふわふわしている割りにはしっかりした歯ごたえがあって、驚きです。イタリアの家庭ではこんなパスタが普通なのか?!みたいな衝撃が…

 

  

 

調理は本当に簡単なので (パスタってえてして簡単ですが) いろんなバリエーションでしばらく楽しめそうです。ごちそうさまでした。

 

 

2010.10.07

ページトップへ